メニュー

苦痛の少ない内視鏡(胃カメラ・大腸カメラ)検査

苦痛の少ない内視鏡検査をお受けいただけます

40歳以上の中高年になるとがんの発症リスクが急激に高まることが懸念されています。特に胃や腸などの消化器官に生じる異常は自覚症状が乏しく、定期的な検査を用いて内部の状態を明らかにすることがとても重要となります。しかしながら内視鏡検査はあの「オエッ」と込み上げる強い嘔吐感を思い浮かべる方も多く、実際の診療現場では敬遠される方も少なくありません。当院ではそのハードルを下げるべく、最新鋭の検査機器を積極的に導入しており、楽に検査をお受けいただくためのさまざまな取り組みを行っております。これまで内視鏡検査に対して強い抵抗感をお持ちだった方や初めて検査を受けられる際などに、ぜひ当院の苦痛の少ない内視鏡検査をご利用いただければと思います。

最大の目的は、がんをはじめとする異常の早期発見

 内視鏡検査には上部内視鏡検査(胃カメラ)下部内視鏡検査(大腸カメラ)の2種があります。胃カメラでは食道や胃、十二指腸といった内部を重点的に調べることができ、大腸カメラではその名の通り腸内をくまなく観察することができます。いずれも検査の最大の目的は、がんをはじめとする異常の早期発見です。胃がんや大腸がんなどはさまざまな研究データより発症しやすい傾向などが徐々に明らかにされており、用いる検査機器においてもわずかな病変も見逃さない高性能なものが続々と登場しています。

大腸がんは毎年日本人の死因上位に君臨する大変恐ろしい病気
その一方で最も予防しやすいがんであるという事実

大腸がんは自覚症状が乏しく、気づいた頃にはかなり進行した段階であることが多い大変怖い病気です。毎年日本人の死因上位に挙げられるほどの危険な病気ですが、その一方で早期発見ができれば内視鏡で簡単に切除することができることもまた真実です。

当院では「苦しい」「つらい」というイメージを払しょくする最小径の内視鏡カメラを導入いたしております

従来のカメラ(スコープ)は径が太いものが多く、そのため咽頭部を通過する際にえずくような強い嘔吐反射が生じやすいことが問題でした。当院では5mm程度の非常に細いファイバー状のカメラを使用しており、挿入時の苦しさを最小限に抑えられます。

さらに嘔吐反射が出にくい経鼻内視鏡検査もご希望に応じて選択いただけます

経鼻内視鏡

鼻からカメラを挿入することで、咽頭部を刺激することなくそのまま胃までスコープを到達させることができます。検査前には鼻腔内にスティック状の麻酔剤を挿入し、麻酔が十分に効くまで10分程度の時間が必要となります。

※アレルギー症状などで極端に鼻腔内が狭くなっている場合や過去に鼻の手術をされている方に対しては適用できないこともあります。

検査に対する不安感や恐怖心が特に強い方には、鎮静剤の使用や検査時間の短い経口タイプがおすすめです

当院では検査の際に用いる鎮静剤の有無もお選びいただけます。鎮静剤を使用すると、患者さん側はウトウトと眠っている間に痛みを感じることなく検査をすべて終了できます。当院の胃カメラにおいては70~80%の方が、大腸カメラにおいては95%以上の方が鎮静剤を用いた検査を選択されており、「これなら楽に毎年検査が受けられる」と嬉しい声をいただいております。

鎮静剤のメリット・デメリット

鎮静剤を使用する場合には検査終了後、約1時間程度リカバリーのお時間が必要となります。また検査後のお車の運転などは安全面から原則禁止されています。検査終了後すぐにお帰りになられたいご事情のある方や、検査中の内部映像をご一緒に確認されたい場合などは鎮静剤を使用しない検査スタイルもお選びいただけます。詳細については医師までお問いあわせください。

経口内視鏡

口から胃へカメラを挿入する一般的な検査方法です。当院では5mm程度の非常に柔らかいファイバー素材のスコープを使用しているため、強い嘔吐反射が出にくいのが特徴です。検査前には喉の奥にスプレータイプの麻酔を噴霧する必要がありますが、検査全体にかかる時間が最も短時間で終了できるためおすすめです。

大腸カメラは径の太いものと細いものの2種をご用意いたしております

当院の下部内視鏡検査(大腸カメラ)では一般的に用いられている径の太いものと、細いものの2種をご用意いたしております。手術歴などの問題から他院で検査を断られた経験のある方や、恐怖心からこれまで大腸カメラを敬遠されていた方におかれましても、当院の最小径のカメラを使用することでスムーズに検査をお受けいただけます。

検査そのものは10~15分程度の短時間で終了します

カメラ挿入後の検査時間は胃カメラで10分程度大腸カメラでは15分程度と非常に短時間です。鎮静剤を用いる場合は、麻酔の効果が切れて安全にお帰りいただける状態になるまでトータルで1時間程度の時間が必要となります。

異常箇所がビジュアル的にもわかりやすく表示される高精細カメラ

当院で使用しているカメラは映し出される映像も非常に高画質なもので、内部の状態をクリアにご確認いただけます。がんの疑いなど異常箇所がみられた場合にも拡縮や色調整が自在にできるため、わずかな病変も見逃しにくい設計となっています。

組織片の採取やポリープ切除も当院ではその場でスピーディに行えます

万一、異常箇所が見つかれば、胃カメラの場合にはそのまま組織片を採取し、専門機関を通じて詳しい鑑別を加えます。大腸カメラにおいては、ポリープなど疑わしいものはその場で可能な限り切除するなどスピード感を意識した治療を展開いたしております。

組織片の採取や切除の際に使用する部品はすべて使い捨てで衛生的

組織片の採取や切除時に用いる部品は、当院では患者さんごとにすべて使い捨てとなっており衛生的で安心です。

不快なお腹の張りを最小限に抑える炭酸ガスを使用

大腸カメラにおいては検査中、腸内を観察しやすくするために空気を入れて膨らませる作業が必要となります。当院では不快に感じやすいお腹の張りを最小限に抑えるため、体内に自然吸収されやすい炭酸ガスを使用しております。

検査終了後はお目覚めまでベッドでそのままリラックスしてお過ごしいただけます

鎮静剤をご希望の場合には検査終了後、ベッドでそのままお休みになられた状態でお目覚めまでリラックスしてお過ごしいただけます。患者さんご自身としては、寝ている間に検査をすべて完結できるため、痛みもなく快適にお目覚めいただけます。

事前問診についてもきめ細やかにお伺いいたしております

検査前の問診にも当院では力を入れて取り組んでおります。特にご家族内に胃がんや大腸がんを患われた方がいらっしゃる場合や加療経験のある方に対しては詳しいお話をあわせてお伺いいたします。インターネットからのご予約の場合には、ネット上でご回答いただけます。

内視鏡のご予約はこちら

大腸検査を受けられる方にはリラックスできる専用個室を完備

大腸検査を受けられる患者さんに対しては、院内に専用個室を2部屋ご用意いたしております。室内にはテレビとリクライニングチェアがあり、下剤などの前処理も周りを気にすることなくリラックスしてご準備いただけます。

急な検査のご希望に対しても当院では最短翌日の検査が可能です

急な激しい胃の痛みや不調などで急ぎ胃カメラ検査を受けたい場合にも、当院では空き状況に応じて最短翌日の検査が可能です。ご希望の場合にはその旨まずは当院までご相談ください。

ご予約方法について

内視鏡検査をご希望される際にはまずは当院までご連絡いただくか、インターネットから空き状況をご確認ください。大腸カメラについては検査に際して事前説明が必要となるため、一度ご来院いただくことが必要です。

内視鏡のご予約はこちら

上部内視鏡検査(胃カメラ)の流れについて

検査前日
  • 夕食は検査前日の夜9時までに消化の良いものをお摂りください。
  • 水分(お茶やお水などの透明な飲料水)は検査当日の午前6時半まで可能です。
検査当日
  • 朝食は召し上がらずにお越しください。(薬の服用が必要な場合には医師の指示に従ってください)
検査中
  • ベッドに左向きに横になります。
  • 経鼻内視鏡を鎮静剤なしでお選びいただいた場合には、医師と会話をしながら内部映像をご覧いただけます。
  • 疑わしい箇所があった場合には専用の色素でマーキングしたり、その場で組織片を採取して専門機関にて詳しい解析を加えます。
検査後
  • 鎮静剤を希望される場合には、麻酔の効果が切れるまで1時間程度ベッドに横になってお過ごしいただきます。
  • 医師より今後について詳しいご説明をさせていただきます。

下部内視鏡検査(大腸カメラ)の流れについて

検査前
  • 前処置として2Lほどの下剤をお飲みいただき、腸内の糞便を完全に排出していただきます。
検査中
  • 肛門から内視鏡を挿入し、盲腸までの大腸内部と小腸の一部を詳しく観察いたます。
  • ポリープなどの気になる病変が見つかった際には、特別に大きなサイズでない限りはその場で可能な限り切除いたします。
検査後
  • 鎮静剤をご希望の場合には、麻酔の効果が切れるまで1時間程度ベッドに横になってお過ごしいただきます。
  • 医師より今後について詳しいご説明をさせていただきます。

検査料金の目安について

  1割負担 2割負担 3割負担
胃カメラ検査 ¥1,800 ¥3,500 ¥5,500
胃カメラ検査+組織検査 ¥3,000 ¥6,000 ¥9,000
ピロリ菌検査 ¥250 ¥500 ¥750 
大腸検査 ¥2,500 ¥5,000 ¥7,500
大腸検査+組織検査 ¥3,500 ¥7,000 ¥10,000
ポリープ切除(1臓器) ¥7,000  ¥14,000 ¥21,000
ポリープ切除(2臓器) ¥8,000 ¥16,000 ¥24,000
ポリープ切除(3臓器) ¥9,000 ¥18,000 ¥27,000

すでに何らかの異常がみられる場合はもちろんのこと、定期的な検査確認の機会をぜひ有効にご活用ください

普段から胃腸の調子が悪い方、便秘などお通じに問題を抱えられている方など、すでに何らかの気になる症状が見られている場合にはもちろんのこと、健康診断にて数値の異常が指摘されている方、働き盛りの世代や子育て中の親御さんたちはぜひご自身の健康にくれぐれも留意していただきたいと願います。当院では苦痛の少ない内視鏡検査をご希望のスタイルでお受けいただけます。「この程度の検査なら毎年受けられる」とすべての患者さんに言っていただけることを目標に、これからも最新鋭の検査機器の導入や苦痛を和らげるためのさまざまな取り組みを積極的にご提供してまいります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME